2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」雑感

そーいや今年は映画っつー映画をほとんど見てないなぁ。
・・・ということで、ちょっと観たかった「サマーウォーズ」を観に行ったら、
隣りでやってた公開直後の「20世紀少年」が意外にも空いていたので、
どーせそのうち観るつもりだったし。と、変更してこっちを観賞。

ちなみにワタシ、原作既読者です。あまり覚えていませんが。

     ☆

・・・ところがこれが、残念なことに、
結局マスター○ーションに終わってしまっているように感じられ、

その主たる原因は、結局のところ、
20巻以上に及ぶ巨大な原作を消化しきれず、
各エピソードの取捨選択がマズい&
補完する脚本演出が不足しているからなんだろうと思う。

・・・ってか、それはつまり、言い換えれば、
原作を全く知らない人の視点で映画を作ることができなかった。というか、、、

それでも絶賛してる人がいるのは個人的には結構驚きなんですが。


・・・。
なんつーかね、
せっかく2で、話を映画として再構築したんだから、
3だってその方向でイケば良かったのに。

それを、さぁ・・・いや、わかりませんよ?でもさ、たぶん、
製作者側(監督?原作者?)はあのエピもこのエピも実写化したかったんでしょうね、
結局は各エピソードを繋ぎ合わせ、説明不足、説得力不足。
話が上滑りで原作読んでない人には(実は)細部が上手く伝わっていないみたいだし、
終いにゃスペクタクルシーンだって特撮的で・・・なんかこう・・ちゃちい。
・・・ま、特撮に関して言えば、あの構図等はオマージュだったのかもしれませんけど。

それからフェスも納得いかん。
あれじゃなんの危機も感じてない人々が、
ただ宣伝に釣られてやってきたようにしか見えないじゃないか。説明不足。
しかもバンドはなんの打ち合わせもなく、アイコンタクトもなく、
すごーく久々に会うケンヂとキッチリ演奏を合わせられてるし。・・・リアリティが。

それからそれから、
個人的にはカメオ出演の多さにもウンザリ。
高嶋弟とかロンブーあつしとか武蔵とか原口あきまさとか、
挙句の果てには一言のセリフもなくただそこにいるだけのダイヤモンド☆ユカイとか、
あのクライマックス付近では、もはや本筋から注意を削ぐだけの存在でしかなかった。


・・・個人的には、
満足度でいったら50点ぐらいか。
(ちなみに1は55点ぐらい。2は65点ぐらい。の感じ。ワタシは。)

エンドロール後のアレはとてもよかったとは思いますが、
それを加味しても全体の上滑り感は拭えないなぁ・・と。

     ☆

んなわけで、
映画「20世紀少年」全3作、終了。

・・・。
始まる前も2作目が終わった後も、、、期待してたんですけどねぇ。^^;
スポンサーサイト

「鴨川ホルモー」雑感

微妙。

つーか、個人的にはもっと"がっつりホルモー"を期待していったんですが、
実際は主題がホルモーそのものよりも
珍妙な競技のサークルに所属してる大学生の青春ラブコメディって感じで、

だから基本的には彼らがやってる競技はホルモーじゃなくても話が成り立つっていうか、
サッカーだって野球だってラグビーだってバレーだって、
いや、"珍妙"を強調するのであればカバディだってペタングだってセパタクローだって、
いや"神事"を大事にしたいならば相撲だってケチャだって・・・ケチャは競技じゃないか、
でも、ぶっちゃけバンドだって華道だって落研だって鉄研だって、なんでもいいわけで、
・・・。
個人的にはもっと濃い世界を、、ホルモー自体を見たかったのになぁ。

それに、その、メインとなっているラブコメだって
・・なんつーか、よくある設定だしキャラ的にもたいして面白みを感じられなかったし、
それから、あの人の本性て案外バレバレよね?そこんトコに意外な感じもしなかったし。

・・・。

つかね、なんかこう・・薄いんですよ、全体的に。薄味。
で、この薄い味は、昔邦画に蔓延してた味な感じがする。いやワカリマセンけど。
それを、今風の、若干捻った感じのする調味料ホルモーで味付けしたという、、
でもその調味料もまた薄味程度に中途半端に使用しただけで。
・・・。
人気の食材(薄味タイプ)にクセの強い調味料をちょびっと使用し一般ウケを狙ったものの、
クセのある味を求めていた客には物足りなくなってしまった・・・とか。(喩えが微妙かw)
薄味の食材そのもの(青春ラブコメ)を楽しめる人には評判良いみたいですが、
個人的には食材よりもむしろ調味料自体を、
クセのある味をしっかり味わってみたかったんですけどねぇ。。


・・・ただ、
個人的に救いだったのは、
ワタシはこの映画のコメディセンス的にはついていけたので、
まぁそこはちらほら笑えたな、と。(ちらほらネ)

ネット上を徘徊するに、
ワタシと同じような感想で、しかも笑いが合わなかった人とかもいましたが、
そーゆー人にはツラい映画だったろうなぁ。。。お察しします。


公開期間ギリギリで滑り込んで観てきましたけど、
テレビで充分だったなぁ。。苦笑
つか、むしろ、テレビドラマ、、連ドラの方が良かったかも。
最初、世界観の構築に苦労していたような印象もありましたし。
(描写の重点の配分がヘタだっただけか?)
・・・ただ、もしホントにやるんならオニがCGから気ぐるみになったりするんでしょうがw

「鹿男あをによし」が好きだっただけに期待していましたが、
個人的にはスゴく薄い味で観た後に何も残らなかった。。。

・・・。
あー・・そーいえば、宣伝で山田孝之が言ってました。
「何も考えずに楽しく観れて終わった後も何も残らない映画」って。w
彼は良い意味で言ってましたが、・・・悪い意味でも確かにそーだったわ(苦笑)




原作既読者のレビューを読むに、
原作にはホルモー自体の面白さが描かれてるみたいで。
ナンだからそっち読んでみようかしら。

「GOEMON」雑感

CMなどでわかる通り、全編フルCG&独特の色合いによるTHEキリヤ映画。
ただ事前の予想と違ってたのは、
この映画は冒険活劇ではなくて忍者ヒーローものだったこと。

     ☆

キリヤ映画の特徴である独特な映像は個人的にはキライじゃない。
ただ、序盤の草原のシーンが"浮き出て"見えたのと、
ピョンピョンと跳ねる戦闘のエフェクトと生身のアクション―、
その併用が整合性に欠けていたのが気になったぐらい。

演者さんのお芝居もなかなか。
どっかのテレビ番組に番宣で出ていた江口洋介が
「CGの世界に生身の感情を乗せるのが僕らの役目」
みたいな感じのことを言っていましたが、(うろ覚え)
いやいや、良かったです。GOEMONもその他の登場人物も
ちゃんと生きて・・・生活臭が感じられました。
思えば前作「CASSHERN」はヒーローものであるということを意識しすぎていて、
その世界観の中に溶け込む配役&演技だった気がしますが、
作られた世界の中で人間味を感じさせるには・・・少なくとも現状では
アクの強い配役演技の方が合うんでしょうねぇ。
江口洋介もゴリも大沢たかおのカブくシーンもスゴく良かったように思います。

ただ・・・、
そんなわけで、
CGで描かれた世界もその中で演技する俳優さんたちも良かったとは思うけれど、
個人的には脚本がダメだったなぁ。。。と思うところで。

いや、全体のストーリーはまぁまぁイイ感じ。
それから個々のエピソードだって別にそんなに悪くはない。
ところがそれらの繋ぎ方に問題がありまして・・。
最初のうちはイイんですけどね、特に中盤あたりから雑に感じられるんですよねw
・・・で、その結果、レビューサイトとかを見るとよく書かれているように、
「ぼくの考えたかっこいいシーン(笑)の羅列」であることが隠しようがなくなる。(苦笑)
さらに、一部キャラの人物像にブレがあるようにも感じられる。・・・んではないか?と。
・・・。
数多く存在する細かいツッコミ入れられるトコも気になりましたが、
それと同じぐらい、繋ぎがヘタ?練り込みが足りない?のは、
個人的にはとても気になってしまいました。

ワタシ、前作「CASSHERN」もキライじゃなかったし、
トンデモ時代劇も・・・かの悪名高き「REDSHADOW」とかもw結構好きなんですよw
でもこれはちょっといただけない。
なぜならこれは「可愛げのある駄作」(私感)ではなくて
「中途半端にダメな映画」だから(笑)。
・・・。
脚本がもう少し練れていて・・・もう少しだけ冒険活劇していれば、
良作と言っていい部類だったかな。と。
・・残念です。(どちらの意味でも)

次回作・・・良い映画を作りたいなら是非、(これもネット上でよく見かける意見だけれど)
脚本だけは他の人にお願いしたらどうでしょ・・・って、
それじゃ、キリヤ監督にとっちゃ映画を作る意味なんてないのかもしれませんが。



≪追記≫

史実と違う!とツッコミ入れる人もいるようですが、
フィクションだもの。そんなんアタリマエやん。
そこはツッコむトコちゃうと思うで。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

カーリー・スー

blog主 : カーリー・スー
画像 : ポチ

ROCKが好きです。浦和レッズが好きです。競馬も好きです。でも、ゆるい時間はもーっと好きです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

ひとりごと☆記録☆などなど (81)
連どら・うぉ~か~ (41)
その他雑感 (3)
その他企画系 (0)
独断ROCK (3)
まにあっく (0)
マジメに (4)
ガラガラポン (11)
裏「ワタシとレッズとその他のサッカー」 (8)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

 

検索

RSS

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。